岐阜 多治見・一柳生花店
  1. あたりまえの事ですが、花は人や動物と同じ「生き物」です。
    生きているからこそ、美しく、生きているからこそ、いづれ年老いて枯れていきます。
    でも、そうした「変化」が「生きる」という事、
  2. 「生きている美しさ」だと思うのです。
    部屋にお花を飾り、毎日変わっていく表情を楽しむ。
    そんなふうにお花を楽しんでいただけたら、と思います。
私たちの仕事は単にお花を売るだけではなく、花束やアレンジメントなど、人の手を加え、
花を贈り物として「創りあげていく」ことです。
お花が大地に咲いていた時の姿を残しながら、時に喜び、時に悲しみ、慈しみの気持ちを贈られた人に伝えられるよう手を加えさせていただくこと。それが一番大事な仕事だと考えています。
お花を贈るということは命、つまり贈る人の、気持ちや想いを贈るということ。
相手をあたたかい気持ちにさせたり、勇気づけたり、時に慰めたり…。
お花にはそんなパワーがあると思います。

ギャラリー

一柳生花店ではfacebookページで最新の情報を発信しています。
下の写真クリックで当店facebookページを表示します。どうぞ御覧ください。